picmoとは?日本語で画像生成ができるpicmoの使い方とメリット・デメリットについて解説

Picmo 画像生成
この記事は約4分で読めます。

日本語に対応した画像生成サービスを探していて困っている方に、picmoというサービスをおすすめします。

picmoは完全日本語対応で、プロンプトも日本語で入力可能です。

無料で利用でき、モデルの選択や細かな設定も行えます。

この記事では、picmoの特徴、詳しい使い方、そしてメリットとデメリットについて解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

picmoとは

株式会社ネクステージ(大阪市浪速区日本橋)が運営するpicmoは、2022年1月5日にサービスを開始しました。

画像の高画質化サービスとAI画像生成サービスを提供しています。

picmoの特徴

picmoは、最近Stable Diffusionの次世代モデルSDXLに対応しました。

SDXLとは画像と構図のディテールが大幅に向上しているモデルで、高画質な画像を生成できます。

また、日本語のほか、英語に対応しているので海外の方も安心して利用できますね。

画像生成のほかに、画像と動画の高画質化というサービスも提供しています。

picmoの料金プラン

Picmoの料金プランは、PROプランのみとなっています。

支払いは、週ごとに550円、または月額880円のいずれかで可能です。

長期間使用する場合は、月額880円の支払い方がかなりお得になります。

Picmoの料金プラン表
※picmoより

picmoのメリット

picmoには、10のモデルが存在します。

モデルによって生成できる絵柄が異なるため、複数選択できるのは嬉しいポイントです。

また先述のとおり、SDXL v1.0はStability AIが提供する最高の画像モデルです。

プリファレンスデータ
stability.aiより

SDXLは、様々なアートスタイルで高品質な画像を生成し、フォトリアリズムに適しています。

個性的な画像生成とスタイルの自由度が特徴で、1024×1024の解像度、改善されたコントラスト、ライティング、シャドウを持ちます。

手やテキスト、複雑な構図の生成も可能です。

picmoのデメリット

無料プランでは、選べるサンプリングステップが20のみとなります。

サンプリングステップとは、ノイズ除去の回数を示すものです。

Stable Diffusionの画像生成では、ノイズが多い初期画像から始め、順次ノイズを取り除きながら最終イラストに近づきます。

サンプリング回数が多ければ多いほど、繊細な画像ができあがります。

しかし、無料プランの制限により選べるサンプリングステップが20までとなり、ノイズが残る可能性があります。

一方、有料プランではサンプリングステップを40に設定することが可能です。

高画質な画像を求める場合は、有料プランをおすすめします。

picmoの使い方

Picmoの画像生成の使い方について説明します。

ログインしたら、「AIお絵描きしてみる」を選択します。

Picmoのトップページ
※picmoより

Web版のみプロンプトは日本語で問題ありません。その代わり、英語への自動翻訳を「する」を選びましょう。

生成画面

モデルは好きなものを選択します。

次に、CFGスケールを入力します。※ネガティブプロンプトとシード値はそのままで問題ありません。

CFGスケールは画像のプロンプト忠実性を指定します。

大きい数値ほどプロンプトに忠実になり、通常は7〜11がおすすめです。

値が大きいと絵が崩壊するので注意しましょう。

生成画面

「AIにお絵かきしてもらう」のボタンを押して生成開始!

モデル別の生成結果

「1girl, smile, japan anime」のプロンプトによる、モデル別の生成結果がこちらです。

SDXL v1.0

SDXL v1.0による生成結果

WaifuDreamer-Anime

WaifuDreamer-Animeによる生成結果

majogari mix

majogari mixによる生成結果

QQQmix

QQQmixによる生成結果

Waifu Diffusion v1.5 ベータ3

Waifu Diffusion v1.5 ベータ3による生成結果

Waifu Diffusion v1.5 ベータ2

Waifu Diffusion v1.5 ベータ2による生成結果

Waifu Diffusion v1.5 ベータ1

Waifu Diffusion v1.5 ベータ1による生成結果

Waifu Diffusion v1.4

Waifu Diffusion v1.4による生成結果

Stable Diffusion v2.1

Stable Diffusion v2.1による生成結果

StableDiffusion v2

StableDiffusion v2による生成結果

まとめ

本記事ではpicmoサービスの特徴と、使い方、メリット・デメリットをお伝えしました。

picmoは、画像の高画質化サービスとAI画像生成サービスを提供しています。

Stable Diffusionの次世代モデルSDXLも使えます。興味のある方は、試してみてください。

コメント