Leonard.AIのimg2movie新機能「Motion」の使い方!

Leonard.AIのimg2movie新機能「Motion」の使い方! 動画生成
この記事は約2分で読めます。

12月24日にLeonard.AIから新機能「Motion」が発表されたので、その使い方について解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

img2Motionの使い方

①イラストを選択し、「img2Motion」をクリック

モデルの詳細ページ

次の画面では、以下のようなポップが表示されます。

Image2Motionの詳細ページ

Mostion Strengthは「運動強度」を表し、元の画像に追加された動きの量を決定します。

Visibilityは「知名度」という意味で、生成したアニメーションをプラットフォーム上の他のユーザーに表示するかどうかを決めます。

ただし、無料プランではPublic(表示する)のみしか選択できません。

「Generate」をクリックすると25トークンで動画を生成できます。

Gen2との比較

動画生成サービスでおなじみ、Runway Gen2と比較してみました。

左がGen2、右がimg2Motion

こうしてみると、img2Motionの方が顔が変わっていないことが分かります。

ただしGen2のような動画の時間を伸ばすという機能がまだありません。

まとめ

今回は、Leonard.AIのimg2movieの新機能「Motion」の使い方を解説しました。

大手サービスとして、その動画生成のクオリティは素晴らしいです!

将来的には、Gen2と同様に時間を伸ばす機能があれば、さらに良いと感じました。

コメント