AIアニメーションの自動生成ツールおすすめ5選!イラストから動画へ簡単変換

ai-animetion 動画生成
この記事は約7分で読めます。

近年のAIブームにより、イラストやアニメーションの作成が誰でも簡単にできるようになりました。

しかし、AIについてあまり詳しくない方にとっては、どのサービスが良いかの判断がつかないですよね。

本記事では、イラストを動画に変換できるAIアニメーション自動生成ツールを5つ紹介します。

これらのツールはすべて無料で試すことができ、操作も簡単です。ぜひこの機会に試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AIアニメーション①Kaiber

Kaiber(カイバー)は、最大60秒分のAIアニメーションの自動生成が行なえます。

KaiberのXです。

Kaiberの使い方

Kaiberのログインはこちら https://kaiber.ai/login

[+Create Video]をクリック。

Kaiberの使い方1

アニメ画像をアップロードします。

Kaiberの使い方2

アップロードが完了したら、[Edit your prompt]をクリックしてください。

Kaiberの使い方3

次の画面では、画像に対するpromptを入力します。promptが分からない場合は、ペンのアイコンを押すとAIが自動で入力してくれます。

Kaiberの使い方4

ここではスタイルの設定です。「anime style」としています。

Kaiberの使い方5

最後に、videoの設定です。

動画の長さは最大で6秒、進化の項目は動画の力強さみたいなものを調整できますが、ここではデフォルトの4にしておきます。

問題なければ[プレビューの生成]を押しましょう。

Kaiberの使い方6

4枚の絵柄が生成されるので、その中から好きなものを選び動画を作成します。

Kaiberの使い方7

できあがったアニメーション動画がこちらです。

動画を保存するには、左にあるダウンロードボタンから行えます。

Kaiberの使い方8

AIアニメーション②Runway

Runway(ランウェイ)は、Gen1とGen2があります。

Gen2が新しいモデルなので、そちらを使いましょう。

RunwayのXです。

Runwayの使い方

Runwayのログインはこちら https://app.runwayml.com/login

ログインしたらまず、[Start with image]をクリックし、画像をアップロードしましょう。

アップロードが完了したら[Motion Brush]を選択し、個別に動きを付けていきます。

Runwayの使い方1

①MotionCanvasには5つのブラシがあり、ブラシごとに②で動きを付けられます。

  • Horizontal:横方向の動き
  • Vertival:縦方向の動き
  • Proximity:回転
  • Ambient:動きの強弱
Runwayの使い方2

耳と背景にMotionを設定してみました。

Runwayの使い方3

次に、[CameraMotion]を使い全体の動きを設定します。

Runwayの使い方4

全ての設定が終えたら、右にある[Generate]をクリックします。

Runwayの使い方5

実際にできあがったアニメーション動画が、こちらです。

Proximity(回転)、Ambient(動きの強弱)がないバージョンです。

こちらは、Proximity(回転)、Ambient(動きの強弱)をMAXで設定したバージョンです。

動きが大きくなり、耳が分裂してしまいましたね。

何度か試してみて、自分が納得いく作品を作り上げてみてください。

AIアニメーション③Pika

Pika(ピカ)は、1日3回まで利用できます。

PikaのXです。

Pikaの使い方

Pikaへは、こちらからログインできます。https://pika.art/login

Appleでのログインがないため、GoogleもしくはDiscordとなります。

一番下にスクロールし、Image or Videoに画像をアップロードします。

Pikaの使い方1

カメラのマークを押すと、カメラコントロールが出現するのでそちらから設定を行います。

Pikaの使い方2

使い方は、先ほどのRunwayと同じですが、個別の設定ができないため、細かく設定をしたい人はRunwayがおすすめですね。

設定が終わったら、キラキラマークを押します。

Pikaの使い方3

できあがったアニメーション動画がこちら。

独特の表情と動きをしています。

これはこれで面白いですね!Pikaの使い方は以上です。

AIアニメーション④DomoAI

DomoAI(ドーモAI)はDiscordを使って簡単にAIアニメを生成できます。

人間の動画をアニメ化するのが得意で、特殊な技術は不要です。

DomoAIのXです。

DomoAIの使い方

DomoAIはここから、https://domoai.app/

Discordサーバーに移動しましょう。

DomoAIの使い方1

generate-1,2,3,4のいずれかを選択します。

DomoAIの使い方2

/でanimateを選択します。

DomoAIの使い方3

ファイルをアップロードします。

DomoAIの使い方4

1〜3の強度(Intensity)を選択し、動画の時間を3秒か5秒を選んだら、Startをクリックしてください。

DomoAIの使い方5

生成されたアニメーション動画がこちらです。

強度(Intensity)を高(High)にしたので、顔が乱れましたが、それでも良い感じです。

AIアニメーション⑤PixVerse

PixVerse(ピクスバース)は、WebとDiscord上で動かすことができます。

PixVerseのXです。

PixVerseの使い方

PixVerseのログインはこちらです https://app.pixverse.ai/login

ログイン後、上のCreateボタンから作業を開始します。

Image to Videoを選択し、画像をアップロードしたら、プロンプトと運動強度(Strength of motion)を指定します。

他のツールのように触るものがないので、初めての方には一番とっつきやすいかもしれません。

そして、[Create]をクリックしてください。

Your video is generatingと表示されればOK!

実際に生成されたアニメーションがこちらです。

背景の雲などはほぼ動かず、手前の猫だけが動く形になりました。

強度を強くすれば、もう少し動くかもしれません。

AIアニメーションの自動生成ツールまとめ

今回は、AIアニメーションの自動生成ツール5つを紹介しました。

まとめると、

  • Kaiber:プロンプトはAIによって補完してくれ、絵のスタイルもボタン1つで決めることができるため、初心者向である。
  • Runway:モーションブラシで細かい動きを指定できるため、より凝った動画を生成したい方におすすめ。
  • Pika:1日3回の制限付きのため、たくさん生成したい方には不向きです。設定はシンプルなためわかりやすい。
  • DomoAI:Discord上で生成でき、強度によっては面白い動きになる。特に人をアニメーションさせるのに向いている。
  • PixVerse:この中では最近話題になった動画生成AI。Kaiber、Runway、Pikaはクレジットがなくなると課金が必須だが、PixVerseは今のところ無料で無制限。

ツールによって得意不得意などが分かれるため、使い分けて使用するのがおすすめです。

今回紹介した他にも、生成AIは毎月のように新しいものが登場しています。

おすすめのツールが出た際には、また紹介ます!

ご覧いただき、ありがとうございました。


最新の動画生成AIが登場しました。その名も、「LTXStudio」です。

LTXStudioは、映画製作ができるツールです。今はまだベータ版ですが、Discrodからアクセス券を貰うことで利用することができます。

【話題】LTXStudioとは?動画生成AIの特徴と使い方!

コメント