PR

【完全無料】スマホで始めるメタバース!おすすめアプリ6選

【完全無料】スマホアプリで始めるメタバース!おすすめ6選 メタバース
この記事は約9分で読めます。

スマートフォンは今や日常生活の一部となっていますが、その小さな画面から広がる無限の世界に足を踏み入れたいと思ったことはありますか?

今回は、手軽にメタバースの世界を探検できるスマホアプリを紹介します。

本記事でおすすめする無料のメタバースアプリは以下の6つです。

これらのアプリは、仮想空間でのコミュニケーションからオンラインゲーム、さらには教育やショッピングまで、多様な体験を提供します。

ぜひ、メタバースの世界を体験してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料!スマホで始めるメタバースアプリ6選

スマホ用メタバースサービスは多種多様で、それぞれ始め方が異なります。サービスの内容を理解すれば、自分に適したものが見つかります。

今回は、以下の6つのサービスを解説します。

cluster (クラスター)

cluster (クラスター)は、ユーザーがアバターの姿で音声チャットを行いながら、ゲームを遊んだり、音楽ライブを一緒に見たりといったコミュニケーションを取れる日本発のメタバースアプリです。

仮想空間上でのイベントやコンサートを楽しむことを目的とし、スマートフォンやPC、VR機器などから参加することが可能です。

さまざまな環境からバーチャル空間に集まることで、友達とコンテンツを楽しむ新たな体験が提供されます。

cluster (クラスター)のやり方・始め方

クラスターは、App Store、Google Play、Oculus Quest2、Windows、Macから無料でダウンロード可能なメタバースアプリです。

ダウンロード後、名前やアイコンを設定してアカウントを登録します。

Twitter、Facebook、Apple、Googleのアカウントのいずれかとクラスターを紐づける必要があります。

iOS Android

ZEPETO (ゼペット)

ZEPETO(ゼペット)は、韓国のテック大手Naverの子会社、NAVER Z Corporationが運営するメタバースアプリです。

ユーザーは自分の顔写真から3Dアバターを生成し、自分好みにアバターをカスタマイズして、仮想世界を探索し、仮想空間で友達と交流することができます。

さらに、メイクや着せ替え、コミュニケーションが仮想空間上で楽しめるソーシャルアプリでもあります。

特にZ世代やα世代のユーザーに多く利用されており、アバターを中心としたソーシャル・ネットワークとして評価されています。

ZEPETO (ゼペット)のやり方・始め方

ゼペットを始めるには、アバターを作成する必要があります。

アバターを作成する際には、写真を撮影するか、アルバムから写真を選択します。

Facebookで始めるを選択することも可能ですが、後から連携することもできます。

iOS Android

Roblox (ロブロックス)

Roblox(ロブロックス)は、Roblox社が提供するオンラインゲーミングプラットフォームで、ユーザーはオンライン上でさまざまなゲームをプレイしたり、自身でゲームを開発したりすることができます。

「遊び場」のような場として、ユーザーはアバターを通じて友達とおしゃべりしたりリラックスすることも可能です。

ロブロックス上でのゲームプレイやアバターの基本アイテム使用に課金は不要ですが、ゲーム内通貨「Robux(ロバックス)」を使って、ゲームを有利に進めるアイテムを購入することもできます。

Roblox (ロブロックス)のやり方・始め方

ロブロックスでは、好きなアバターを設定した後、アクション、格闘、スポーツ、レース、FPS、RPGなどの多数のゲームから選んで遊ぶことができます。

基本的に無料で、スマートフォン、PC、Amazonデバイス、一部のVRヘッドセットに対応しています。

iOS Android

XR World(エックスアール ワールド)

XR World(エックスアール ワールド)は、アバターを操り、音楽、アニメ、ダンスなどのエンタメコンテンツをはじめとした幅広いジャンルのコンテンツを体験できるサービスです。

バーチャル空間でのコミュニケーションを通じて、ユーザーはスポーツ、教育、観光などのコンテンツを楽しむことができます。

XR World(エックスアール ワールド)のやり方・始め方

エックスアール ワールドは、公式サイトからアバターとニックネームを選択することで利用できます。

これはドコモのサービスですが、ドコモユーザーやdアカウントを持っていない人でも無料で利用可能です。

ただし、一部の有料コンテンツを利用するには、dアカウントでログインする必要があります。

公式サイト

Bondee(ボンディー)

Bondeeは、シンガポールのMetadreamが運営するソーシャルメタバースアプリで、2022年12月にリリースされ、2023年1月に国内で配信されました。

このアプリでは、ユーザーがアバターを作成し、自由に仮想空間を移動しながら友人と交流することが可能です。

アバターは自由にアイテムを身につけることができ、友達とのコミュニケーションを楽しむことができます。

BondeeはLINEのようなチャット機能を持つ一方で、友達の上限数は50人と限定的です。

さらに、「いいね」をしたり、映える投稿をしたりする必要がなく、アバターを着飾って遊んだり、海に「航海」に出るなど自由に振る舞えるのも特徴的です。

Bondee(ボンディー)のやり方・始め方

「スタート」ボタンをタップしてボンディーを開始し、自分のアバターを作成します。

髪型や服装は多数から選べ、後から変更も可能です。作成したアバターは「アバターカード」にもなり、SNSで共有できます。

iOS Android

REV WORLDS (レヴ ワールズ)

REV WORLDS(レヴ ワールズ)は、三越伊勢丹が提供する仮想都市のコミュニケーションプラットフォームで、アバターを操作し、仮想都市を歩きながら家族や友人とコミュニケーションを楽しむことや、ショッピング、イベントへの参加などが可能です。

さらに、アプリ内のコスメやワイン売場で気に入った商品をクリックすると、三越伊勢丹のオンラインストアへ遷移し、実際に商品を購入することができます。

REV WORLDS (レヴ ワールズ)のやり方・始め方

インストールが完了したら、「みんなと」のモードを選択します。

チュートリアルをすべて終えたら、レヴワールズの世界を楽しんでください。

iOS Android

有料だけどおすすめのメタバースアプリ

ブロックチェーンを活用したWeb3メタバースなら、マインクラフトがおすすめです。

Minecraft (マインクラフト)

Minecraft (マインクラフト)は、サンドボックス(砂場)ゲームと呼ばれるジャンルの一つで、プレイヤーに遊び方がゆだねられているゲームです。

ゲームでは、木や岩、鉄や金などのさまざまな種類のブロックを集めて道具や建物を作ることが可能で、またモンスターを討伐することもできます。

自由な発想を存分に発揮できるゲームとして人気があり、コンテンツの豊富さから子どもがハマる要素がたくさんで、教育への利用も注目されています。

最近では、マインクラフトのサーバー「Satlantis」で、ビットコインを稼げるようになったためより注目を集めました。

Minecraft (マインクラフト)のやり方・始め方

マインクラフトのゲームを始める前には、初期設定が必要です。

まず、ワールドを作るために、「遊ぶ」→「新しく作る」→「世界を新しく作る」を選び、遊ぶワールドに自由に名前をつけます。

次に、4種類の難易度から選びます。

最も易しいピースフルではモンスターが出てきませんが、難易度が上がるほどモンスターから受けるダメージと、満腹ゲージがなくなり空腹になったときの体力の減少量が増えます。

難易度は、「設定」を開いて途中で変更することも可能なので、難しすぎたり易しすぎたりした場合は調整してみてください。

iOS Android

メタバースを始めるにあたり必要なもの

今回紹介したサービスの中で、クラスターのブラウザ版のみVR機器に対応しています。メタバースを本格的に楽しみたい方は、VRゴーグルの準備を検討しましょう。

VRゴーグルを通じてアバターの目線になり、メタバースの世界に直接入る感覚を得られます。価格はブランドによりますが、Metaの『Meta Quest2』なら約4万円で入手できます。

メタバースを始める前に知っておくべき注意点

メタバースアプリをダウンロードしてからトラブルに見舞われないためにも、以下の注意点を把握しておきましょう。

メタバース上で使うアイテムは課金が必要

今回紹介したメタバースアプリは、Minecraftを除けば基本的にプレイは無料です。ただし、メタバース上で使用するアバターアイテムは、課金が必要な場合があります。

電通の調査によれば、2021年から2022年にかけて、メタバース上での課金サービスの年間利用者数は1.4から1.7倍に増加したという結果が出ています。また、一人当たりのアプリ内課金額も前年比で1.6から2.2倍に増え、課金サービスの年間総利用額は前年比で約3倍になっています。

メタバースに関する意識調査2022より

メタバースの利用者数は毎年増加しており、今年はさらに課金額が増えると予想されます。使い過ぎには注意しましょう。

スマホアプリはVRに対応していない

メタバース体験を楽しむためにVRゴーグルを購入することを考えている方は、注意が必要です。

VRゴーグル対応のメタバースサービスはPCのブラウザ版のみで、スマホアプリでは使えないためです。高価なVRゴーグルを後悔なく活用するために、事前の確認が欠かせません。

本記事で紹介したアプリでは、cluster (クラスター)のみが対応しています。

データ通信量の使い過ぎ注意

メタバースアプリの利用にはデータ通信量の使い過ぎに注意が必要です。

メタバースアプリはオンラインゲームと同じく、大量のデータ通信量を消費します。場合によっては、30分で約1GBを使用することもあります。

メタバースアプリを始める方は、WiFiの環境下で使用するか、無制限のデータプランに加入することが必要です。

まとめ

本記事では、無料で始められるメタバースのスマホアプリ6つを紹介しました。

メタバースのスマホアプリには、アバターを操り、仮想空間を移動しながら友人と交流できる「cluster (クラスター)」、メイクや着せ替え、コミュニケーションが仮想空間上で楽しめる「ZEPETO (ゼペット)」などがあります。

気になったアプリがあれば、早速インストールして始めてみましょう。

コメント